長崎県で探偵事務所へ伴侶の不倫の相談を行い生活調査を依頼して解決できます

MENU

長崎県で探偵事務所が不倫相談の調査で仕掛けるフローと中身

不倫に関する調査を探偵事務所に無料相談サービスを使い依頼し、調査結果から予算額を算出していただきます。

 

リサーチ法、調査した訳合、かかる費用に納得していただいたら、本契約を結びます。

 

実際に契約を交わして査定を移ります。

 

不倫調査する場合、2人1組で実行されることがございます。

 

しかし、求めにお応えして探偵の人数を変動することは問題ありません。

 

当探偵事務所での調査では、調べている最中に常に連絡があります。

 

ですから調査した進捗度合いを常にとらえることが不可能ではないので、依頼者様はご安心できますね。

 

 

当事務所の不倫調査での契約では規定の日数が決まっていますので、規定日数分のリサーチが終了しましたら、調査の内容と結果をまとめた探偵調査報告書がお渡しします。

 

リサーチ結果報告書には、詳しく調査内容について報告されて、不倫の調査中に撮影した写真が同封されています。

 

不倫の調査での後々、裁判を立てるようなケースでは、今回の調査結果報告書の内容や画像等は大事な裏付けに必ずなります。

 

不倫の調査を我が探偵事務所に要求する狙いとしてはこのとても大事な不倫現場証拠を掴むことなのです。

 

万に一つでも、調査した結果の報告書で中身でご満足いただけない場合、続けて調査し要求することもやれます。

 

依頼された調査結果報告書に承諾していただいて取引が終了した時は、それによりこの度依頼された不倫調査はすべて終了となり、とても大事なリサーチに関する記録も探偵事務所が責任を持って処分します。

 

長崎県で不倫調査は探偵事務所が逃げられない証拠を裁判所に提出します

不倫調査なら、探偵オフィスをイメージされます。

 

探偵という仕事は、相談者の不倫の調査依頼を受けて、周辺の聞き込みや、尾行、監視などの色々な方法によって、依頼されたターゲットの住所や動きの確かな情報をピックアップすることが主な仕事としています。

 

探偵の仕事内容は様々でありますが、特に多いのは不倫調査です。

 

不倫調査は特別に多いのでございます。

 

秘匿性が重要とされる探偵の業務は不倫調査にはバッチリ!といえますよ。

 

プロに不倫調査依頼をしたら、プロの知識、ノウハウ等を使って、依頼者様が必要とされる確かな情報や証拠を取り集めて教えます。

 

不倫の調査のような仕事は、少し前まで興信所に依頼が決まりでしたが、興信所は結婚する相手の身辺調査や、雇用調査等がほとんどで、探偵業のように影で動くのではなく、標的の人物に依頼を受けて興信所から来た調査員であることを伝えます。

 

それと、興信所という場所はそんなに丁寧に調査しません。

 

周りへ聞き込みするだけということもちょくちょくあるようです。

 

 

最近の不倫調査では、ターゲットに気づかれないように、身辺調査をしてもらいたい依頼が沢山あるので、興信所より探偵の方が利点はかなり大きいと思われます。

 

私立探偵社に対する法律は昔はなかったのですが、もめ事が後を絶たなかったことから8年前に探偵業を取り締まる法律が制定されました。

 

なので、きちんと届出がなければ探偵業を営むことが不可能です。

 

そのためクリーンな業務が遂行されていますので、信用して不倫の調査をお願いすることができるでしょう。

 

不倫問題の可能性があった時はまずはじめは我が探偵事務所に相談してみることをイチ押ししたいと思ってます。

 

信頼の探偵事務所はコチラ

 

⇒今すぐ無料で相談できます

長崎県で探偵に不倫調査を申し出た時のコストはいかほど?

不倫を調査するおすすめは探偵へ依頼することですが、手に入れるためには証拠等を施術に納得がいかなかった場合に、有能な分、代金が上がっていく動きがあります。

 

無論、依頼する探偵事務所などにより値段は異なってきますので、いろいろな探偵の事務所があるならその事務所ごとに料金が違うでしょう。

 

不倫リサーチでの際は、行動調査という1人当たりに一定の調査料金がかかります。調査員が増えれば増えるだけ調査料が増えた分だけ高くなります。

 

相手の行動調査には、尾行だけと結果を伝えるだけの「簡易調査」のほかに、事前の調査と探偵用の特殊機材、証拠で使えるVTR、報告書による一般的な調査があります。

 

相手の行動を調査する費用は、1時間ずつを単位と定められています。

 

 

契約した時間を超過して調査を続行する場合は、延長料金が別途必要にきます。

 

尚、調査員1名つき60分ずつの延長料が必要です。

 

それと、バイクや車を使うときには費用が必要なのです。

 

必要な日数×台数の代金で決めています。

 

車両のによって金額は変わってきます。

 

交通費や駐車料金等探偵調査に必要な諸経費も別途、かかります。

 

 

尚、現場の状況によって変わりますが、調査に必要な特殊機材などを使うときもあり、そのための代金がかかる場合もあります。

 

特殊な機材の中には、暗視ビデオカメラや偽装カメラ、ピンホールカメラ、通信機器、映像を確認するモニター様々な機材が使用できます。

 

わが探偵事務所では色々な特殊機材を用いた高いスキルで問題の解決に導いていくことができます。